登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/05/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

監督は不甲斐ない試合展開に苦言

アレックス・ファーガソン監督は、オールド・トラッフォードで行われたチェルシー戦のプレーに「鋭さが欠けていた」と苦言を呈した。

後半終盤にフアン・マタのシュートがディフレクトしてゴールネットに吸い込まれ、ホームでは実に3年半ぶりとなるゴールレスを記録。しかもラファエウがダヴィド・ルイスを足払いで倒したプレーでレッドカードを提示されるというオマケもついた。

監督はチェルシーが攻守共に良いプレーをしていたと試合後MUTVのインタビューでコメント。
「われわれのプレーからは鋭さが感じられなかった。チェルシーの方が良いチームだったと言えるだろう。トレーニング自体は上手くいっていたのだが、練習で発揮していた鋭さが試合では見られなかった」

「(リーグ優勝の為に)われわれはたくさんのことを実行してきた。選手達にとっても長いシーズンだっただろう。ただ、先週のアーセナル戦での挽回は素晴らしかったと思う」

主審を務めたハワード・ウェッブは、残り1分の時点でユナイテッドにとってはリーグ戦初となるレッドカードを提示。ラファエウがチェルシーサイドでルイスに足をかけて倒した直後のことだった。

監督はルイスも非難されるべき対応をしていたとし、レフェリーが見落としていたと主張している。

ページ 1 / 2 次へ »