登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/05/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

スコールズ、万感の思いを胸に引退

ユナイテッドレジェンドのポール・スコールズは、バークレイズ・プレミアリーグ優勝パレードは、今シーズン限りで勇退するアレックス・ファーガソン監督を送り出す上で最高の形になったと語った。

自身も2012-13シーズン終了後に現役を引退するスコールズは、マンチェスター市内を回ったパレードに詰めかけたファンの姿を見て言葉を失いかけるほど感激。そのテンションの高さはトレブル(3冠)を達成した1999年のパレードを凌ぐほどだったという。

「この日のパレードは、僕らの記憶に残り続けるだろうね」と、スコールズはバスのデッキ上でコメント。

「トレブルを達成した1999年のパレードのことは覚えているけれど、今日のようなパレードは記憶に無い。ファーガソン監督にとってオールド・トラッフォードでのラストゲーム翌日ということもあって、より今日のパレードが特別なものに感じる。ファンの皆が監督にお別れを言いに来てくれるなんて、本当に喜ばしいことだよ」

「監督の勇退だけではなくて、昨シーズンの屈辱を晴らしたことで更に特別なシーズンになった。必ず優勝を取り戻すつもりだったからね。これだけたくさんの人達が喜んでくれるのだから、ハードワークを自分達に課してきた甲斐があった」

ファンが喜ぶ姿を見て引退を思い留まる可能性について聞かれると、スコールズは普段通り、素っ気ない態度で返答。
「それはないね。引退は正しい判断だと思っているから。ただ、今日のパレードは素晴らしいよ。最高の形で現役を去れる。しかもリーグ優勝という、これ以上無い形でね」

ページ 1 / 2 次へ »