登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

09/05/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

リオ「新監督は伝統を継承する」

リオ・ファーディナンドは、サー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてデイヴィッド・モイーズ新監督の就任を祝福。これまでの管理方法を継承すると共に、新監督ならクラブが長年培ってきた歴史と伝統も守っていくだろうと期待を寄せている。

今年の7月1日から正式に新監督に就任するモイーズ監督は、チームと6年契約を結ぶ。オールド・トラッフォードではファーガソン監督から強い後押しを受けているが、それは選手達も変わらないとファーディナンドは語った。

「選手全員が新監督の就任を喜んでいる。クラブが早急に決断を下したのは重要な点だと思う。それで全員気持ちが落ち着くからね。クラブの判断は正しい。ファーガソン監督は引退を決めるまで長い時間をかけて熟考したと思う。監督が決断を下してからのクラブの対応は素早かった。新監督の就任が決まって嬉しく思う」

26年もの間チームの指揮を執ったファーガソン監督の後任に相応しい人選はチームにとって常に重要な問題として見られていたが、ファーディナンドはモイーズ監督ならチームの精神を継承出来るだろうと見ている。

「デイヴィッド・モイーズ監督はクラブの伝統を重んじ、自然に受け入れられると思う。きっと伝統を継承していくだろうね。突然やって来てクラブの特徴を全て変えるような人ではないよ」

「この規模のクラブともなれば、以前の伝統を受け継いでいくことが重要だから。ファーガソン監督は素晴らしいシステムを導入してくれた。機能するシステムをね。今シーズンは優勝出来たし、これからも継続して優勝していきたい。そう

ページ 1 / 2 次へ »