登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/05/2013  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ネヴィルが語る監督の影響力

元ユナイテッドのガリー・ネヴィルが MUTV のインタビューを受け、アレックス・ファーガソン監督との思い出について語った。

「まさか引退するとは思っていなかった。ちょうど先週のことだけれど、『監督の仕事はいつになっても完遂しない。監督は常に前進を続ける』という原稿を書いたばかりだったから。今シーズン終了後にディレクターズボックスで監督が選手達を見下ろし、彼の選手達と、彼のピッチで仕事をしない姿が想像出来ない。誰しも驚いただろうし、私もショックを受けている。ただ、監督の決断を尊重する。彼は人生を通して常に最良の選択をしてきたと思うし、これからもそうだろう。今が引退する最良のタイミングだと感じたのだろうね」

「フットボールの世界においても大きな損失になる。ユナイテッドのフットボール、クラブの存在を見ても、ファーガソン監督の存在は偉大。プレミアリーグにおいても大きな存在。引退は大きな損失になる」

「ユナイテッドの監督は誰にとっても魅力的な仕事だ。マンチェスター・ユナイテッドの監督なんて、まさに理想的な仕事と言える。私から見て、ユナイテッドの監督に必要な資質は3つ。攻撃的なプレーをすること。魅力的なフットボールをプレーすること。若手を積極的に起用して優勝を勝ち取ること。至ってシンプルだ! 監督の後任について聞かれるけれど、私はユナイテッドの監督に必要な基準として、これら3つのことを挙げる」

「個人的にも監督とはたくさん良い思い出がある。監督が就任してから初めてリーグ優勝を達成した1993年、私はその時プレーしなかったけれど、自分にとっても大きな出来事だった。自分の人生を通して、自分達のクラブがどれだけ凄

ページ 1 / 2 次へ »