登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「クラブは何らかのプランを持っているだろうけれど、今日はファーガソン監督がユナイテッドで残した功績を称える1日にするべき」

― デニス・アーウィン
08/05/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督の偉業を称えるアーウィン

元ユナイテッドでプレーしたデニス・アーウィンは、アレックス・ファーガソン監督が勇退を発表したこの日こそ、後任の監督についてあれこれ騒ぎ立てるのではなく、偉業を称えるべきと語った。

バークレイズ・プレミアリーグ13度目の優勝と共にピッチを去る決断を下した監督勇退の報せは、瞬く間にフットボール界全体に知れ渡った。

MUTVのインタビューに応じた元SBのアーウィンは、ファーガソン監督は史上最高の指導者で、監督の下でプレーした時間は喜びだったと話した。

「クラブは何らかのプランを持っているだろうけれど、今日はファーガソン監督がユナイテッドで残した功績を称える1日にするべき」

「監督は勝って勝って、勝ち続けた。常に驚きの連続だったし、通算13回目のバークレイズ・プレミアリーグ優勝を果たした。彼の実績は驚異的。あれだけ多くトロフィーを勝ち取ったなんて信じられない」

「指導者の中では史上ベストな存在。監督の引退はショックだけれど、誰にだって終わりの時はやってくるもの。それが今ということ」

直接ファーガソン監督の指導を受けたアーウィンは、偉大な監督について次の様にコメント。

「本当に誠実な人で、私が仕事をした指導者の中でも一番誠実な人だと思う。白黒はっきりしている人間性を持っていて、曖昧な部分は無い。フットボールのフィールド上で自分に出来ること、出来ないことを把握している人だ」

ページ 1 / 2 次へ »