登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「選手を鼓舞するのは私の仕事だ。彼らはレアル・マドリー戦で素晴らしいプレーを見せた。ファンの応援も見事だった。彼らのために日曜日のチェルシー戦は良い試合をする義務がある」

-アレックス・ファーガソン監督
08/03/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、チェルシー戦を前に会見

アレックス・ファーガソン監督は、「選手を鼓舞することは自分の仕事」とし、日曜日のFAカップ準々決勝対チェルシー戦を前に、選手とファンを称賛した。

ユナイテッドはチャンピオンズリーグ対レアル・マドリー戦でナーニの退場などがきっかけとなり、2戦合計3-2で敗れ、同大会から敗退してしまったが、監督は落胆するのではなく、そこから復活することを誓った。

定例の記者会見に応じたファーガソン監督は、ウェイン・ルーニーの噂を否定し、ルーニーがチェルシー戦でメンバー入りすることを明言すると共に、ライアン・ギグス、また負傷中のフィル・ジョーンズについても言及した。

「選手を鼓舞するのは私の仕事だ。彼らはレアル・マドリー戦で素晴らしいプレーを見せてくれた。あとはファンの応援も見事だった。ファンのために日曜日のチェルシー戦は良い試合をする義務がある」

「私たちは諦めない。立ち上がって日曜日に備える。ビッグマッチであること、そしてホームでの開催ということが、私たちの助けになるだろう」

「FAカップで好成績を残している相手なので難しい試合になるだろう。彼らはここ10年、FAカップで最も良い成績を残している。私たちはしばらく勝てていないので、この試合は大きなモチベーションになる」

「チェルシー戦はホームだが、ホームで戦えることは素直に嬉しい。このアドバンテージを使って次へ駒を進められればと願っている。ルーニーはチェルシー戦でメンバー入りする」

「その代り、火曜日のベストプレーヤーだったギグスは出場しない。彼は今週分の仕事を果たしてくれた。私たちは彼を休ませて、来週に向けて準備させる」

ページ 1 / 2 次へ »