登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「選手達を責められない。前の試合では、世界のトップであるレアル・マドリーと対戦したのだからね。マドリー戦での疲れが今日の結果に影響したことは言うまでもない」

― アレックス・ファーガソン監督
10/03/2013  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「疲労が原因」

アレックス・ファーガソン監督は、 2-2 の引き分けとなったチェルシーとの FA カップ準々決勝の結果について、「選手達の疲労が原因」と語った。

前半終了までに2-0としていたユナイテッドだったが、ハーフタイム直前にナーニが負傷すると、流れが一気にチェルシーに傾いた。
結果的に後半2点を返され、ユナイテッドは追加点を奪えず。試合後、監督はMUTVのインタビューを受け、次の様に試合を振り返った。

「まだFAカップに残れているだけラッキーだ」

「選手達の疲労度は相当なものだった。それに後半はチェルシーの方が圧倒的に良いプレーをしていた」

「選手達を責められない。前の試合では、世界のトップであるレアル・マドリーと対戦したのだからね。マドリー戦での疲れが今日の結果に影響したことは言うまでもない」

「ラファエウとパトリス(エヴラ)は疲れ切っていたし、セントラルMFの2人の疲労も相当なものだった。お互いにペナルティエリア内にボールを入れる展開となって、試合時間も長かったように感じた」

ハビエル・エルナンデス、そしてウェイン・ルーニーが続けてゴールを決めた時点では、まさか2-2の引き分けになると予想した観客は少なかったのではないだろうか。

「最初の25分間で4-0に出来ていたと思う。それにしてもゴールを決めたストライカーは好調を維持しているね。ウェインは15ゴール目、それにチチャリート(エルナンデスの愛称)は16ゴールを挙げている」

ページ 1 / 3 次へ »