登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/03/2013 

監督「シンジとウェインは共存可能」

アレックス・ファーガソン監督は、チェルシー戦前の会見で香川真司のベストポジションについて、記者の質問に答えた。

シンジ、そして(ウェイン)ルーニーのベストポジションはトップ下だと考えていますか?
そう思っている。彼らはストライカーの背後で生きるベストな選手だと思うが、共存は可能だ。ニューカッスル戦ではダイヤモンド型のフォーメーションを試してみたが、それでわかったことでもある。ウェインをセントラルMF、シンジを右サイドハーフで起用し、非常に上手くいった。優れたフットボーラーは共にプレーが可能だ。シンジもウェインもトップ下を好む選手で、今後は彼らのポジションを状況に応じて入れ替えることも検討しないといけないかもしれない。

つまりルーニーは純然たるストライカーではなくなると?
彼ならMFのどこでもプレーが可能で、ここ数年で大きく成長してくれた。ウェインは、シンジがチームに加わるまではトップ下でのプレーを好んでいたと思う。ノリッチ戦では残り20分からトップ下でプレーし2アシスト、1ゴールを記録したからね。最近はロビン(ファン・ペルシー)の調子が良いのでチチャリート(ハビエル・エルナンデス)を起用出来ていない。それにノリッチ戦でハットトリックを記録したシンジをレアル・マドリー戦で出場機会を与えなかった。選手起用に関しては頭が痛いよ。

【関連記事】
インタビュー:シンジ Part2