登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/03/2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

リオ、代表メンバーから外れる

イングランド・フットボール協会( FA )は以下の内容を 18 日(月)午後に発表。

リオ・ファーディナンドは、サンマリノ、そしてモンテネグロと対戦するイングランド代表から離れることを余儀なくされた。

今回の代表離脱は、17日(日)夜にロンドンでファーディナンドとロイ・ホジソン代表監督が面会した後に決定。リオはホジソン監督と面会した際、今後も継続して代表でプレーすること、そして今夏、今秋の代表招集も希望した。

ホジソン監督の声明は以下。
「リオが今回出場不可となり残念に思う。しかしながら、事前に用意していたトレーニング内容、メディカルプログラムを本人がこなせない以上、出場機会を与えるのは難しい」

「だが、リオ本人から私との面会を希望してくれて嬉しく思った。彼本人の口から試合間の調整方法について話を聞くことは重要だった。彼が2試合続けてプレー出来ないとは言わない。実際、今の彼なら十分に対応出来ることを証明してきた。代表離脱に関する理由は、事前に用意していた彼用のプログラムの詳細に関連している。過去イングランド代表として国の為に献身してくれた点については大いに認めているところであり、将来的に彼をまた代表に招集出来れば嬉しく思う」

リオ・ファーディナンドの声明は以下。
「自分にとっては、ロイと直接対話して、現状を説明することが重要だった。1つだけはっきりさせておきたかったのは

ページ 1 / 2 次へ »