登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/03/2013  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「選手冥利に尽きる一戦」

マイケル・キャリックは、オールド・トラッフォードで行われる欧州全体が注目する一戦こそ「選手冥利に尽きる特別な一戦」と語る。

チャンピオンズリーグベスト16でぶつかる両チームは、ベルナベウでの第1戦を終えて1-1。ユナイテッドは貴重なアウェーゴールを挙げている。
キャリックはユナイテッドに携わる全関係者が、火曜日(5日)の一戦を心待ちにしていると話し、フィールド上の選手達が目の前の試練を乗り越えてみせる、と決意を述べた。

「何か特別なものがかかった試合で、選手冥利に尽きる一戦。全員がワクワクしているだろうし、全サポーターの声援も普段より響くと思う。とにかく皆が普段より高揚しているんだよ」

「ファンも今回の試合を心から楽しみにしているし、この試合を乗り越えることの重要性を理解している。彼らの声援が試合を変えてくれるはず。ヨーロッパを舞台とする試合では、ファンの声援も大きくなるし、皆普段よりエキサイティングになる。彼らには彼らのパートを担ってもらって、僕ら選手達は自分達がするべきことを実行したい」

「誰もがこの試合を心待ちにしている。チームのプレーをして、求めている結果を残したい」

第2戦の中心は、当然ながらクリスチアーノ・ロナウドになるだろう。2009年にユナイテッドを退団したロナウドにとっては、マドリー移籍後初めてオールド・トラッフォードに帰還する。キャリックはロナウドの能力については選手達が一番わかっているとコメント。そして、試合は1人の選手だけで決まるものではないと主張している。

ページ 1 / 2 次へ »