登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

20/06/2013  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

シンジ、イタリア戦でゴールも敗戦

コンフェデレーションズカップ、グループAのイタリア対日本でシンジが見事なゴールを決めたが、接戦の末4-3で敗れた。

日本は本田圭佑のPKで先制。その後前半33分にシンジがコーナーの処理ミスのボールを左足でボレーしてゴール右へ決め、日本が2-0とリードを広げた。

しかし、前半終了間際にダニエル・デ・ロッシにコーナーからの強烈なヘディングで1点を返されると、後半開始直後もイタリアの反撃を受け続け、内田篤人がオウンゴール、そしてその直後にはマリオ・バロテッリにPKを決められてしまい、結局前ハーフタイムを挟んで11分間の間に3失点を喫し、3-2と逆転されてしまった。

その後、日本も徐々に反撃の姿勢を見せ、岡崎慎司が69分にフリーキックからヘディングを決め追いつき、日本が試合のペースを握るが、86分にクリアミスからセバスティアン・ジョヴィンコに決勝ゴールを許し、敗戦した。

ブラジル、イタリアと2試合に敗れた日本はこれでグループリーグ敗退となった。

シンジは試合後に以下のコメントを発表した。

「2-0でリードしていましたが、3-0、4-0に出来たと思います」

ページ 1 / 2 次へ »