登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/06/2013  Report by Adam Bostock

チチャ、シンジの前で2ゴール

FIFAコンフェデレーションズカップで香川真司を擁する日本と、ハビエル・エルナンデスを擁するメキシコが対戦し、メキシコがチチャリート(エルナンデスの愛称)の2ゴールにより2-1で勝利した。

日本とメキシコは共にグループA敗退が決まっていたものの、最後の試合でユナイテッドのチームメート対決が実現。
イタリアと激闘を繰り広げた日本に対し、チチャリートは後半にヘディングで2ゴールを挙げ勝利に貢献した。チチャは代表でのゴール数をメキシコ代表史上3位となる、通算35ゴールに伸ばしている。

日本が岡崎慎司のゴールで1点を返した数分後にメキシコがPKを獲得し、チチャリートにとってはハットトリックのチャンスが到来するも、PKは日本代表GK川島永嗣が阻止。それでも川島が弾いた球に反応したチチャだったが、シュートは惜しくもクロスバーを直撃し3点目とはならず。

メキシコは勝利でコンフェデ杯を終え、グループA3位でフィニッシュ。日本は3戦全敗の最下位とした。

グループAブラジル対イタリアは、ブラジルが4-2で勝利。両チームは勝ち上がれば決勝で再び対戦する。

【関連記事】
シンジ、イタリア戦でゴールも敗戦