登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ポールとは電話で1、2時間話をした。彼は私に非常に協力的で、手伝いたと言ってくれた。今は家族と時間を過ごしたいということだった。彼の準備が整い次第チームに迎え入れる」

― デイヴィッド・モイーズ監督

08/07/2013  Report by Mark Froggatt

スコールズのコーチ就任は一時見送り

昨シーズン終了後に現役を引退したポール・スコールズが、家族との時間を優先する為、一時的にコーチ就任要請を断ったことをデイヴィッド・モイーズ監督が明らかにした。

モイーズ監督はユナイテッド監督就任後初めて出席した会見で、ライアン・ギグス、フィル・ネヴィルをコーチングスタッフに迎えた理由について「クラブと密接な関係を持つ人材をスタッフに迎えたかった」と説明すると、「ポール・スコールズとも話をした。彼はしばらくの間、家族との時間を優先したいと語っていた」とコメント。

「レネ(メウレンステーン)とも話をしたが、彼は次のステップに進みたいということだった。それでライアンにコーチ就任を打診した。彼は本当に素晴らしいフットボーラーだからね。彼とフィルを同時にスタッフに迎えられたわけだが、若いコーチもメンバーに入れたいと考えたからだ」

「ポールとは電話で1、2時間ほど話をした。彼の対応は素晴らしく、非常に協力的だった。今は家族と時間を過ごしたいということだったので、彼の準備が整い次第チームに迎え入れる」

【関連記事】
モイーズ監督はルーニー放出を否定