登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/07/2013  Report by N Coppack in Bangkok, A Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

選手獲得交渉に手応えを感じる監督

デイヴィッド・モイーズ監督は、新選手獲得交渉が順調に進んでいることをほのめかした。

これまでウィルフレッド・ザハ、ギジェルモ・バレラを獲得したユナイテッドだが、次のターゲットとして名前が挙がっているチアーゴ・アルカンタラにはバイエルン移籍の噂が浮上。これが本当ならば補強案が崩れる可能性があるものの、モイーズ監督は他チームの選手については語らないというポリシーを貫いている。

「われわれは今、獲得候補選手との交渉に入っている」と、バンコクでの会見で明かしたモイーズ監督は、「現在交渉している選手は数人いる。進捗状況については満足している」と続けた。

アルカンタラがターゲットかと問われると、「私は一度も彼が候補と言ったことはない」と返答。

先日チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、ウェイン・ルーニーを称賛したと報じられたが、モイーズ監督は改めてルーニーの移籍は無いと断言した。

「良い選手については周りも言いたいことがあるのだろう。ジョゼは多くの選手について質問を受けただろうね。ただ、これだけは改めて言っておく。ウェインはユナイテッドの選手で、それは今後も変わらない」

ハムストリングを痛めたルーニーは完治までに2、3週間かかる見込みで、その後ジム、プールでの運動を再開するという。

ページ 1 / 2 次へ »