登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/01/2013  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

主将ヴィディッチ、引き分けに安堵

ウェストハムとの FA カップ 3 回戦で何とか引き分けに持ち込んだユナイテッド。 4 回戦進出をかけ、オールド・トラッフォードで再試合を行うこととなったが、主将のネマニャ・ヴィディッチは、アップトン・パークで露呈した問題解決の必要性を訴えている。

「相手は全員がボールの背後に回って守備に徹していたし、それにロングボールを多用していたから、難しい試合になった。セットプレーは危険と認識していたけれど、実際に今日もクロスから2ゴールを決められたからね」とヴィディッチ。

「相手のゴールは、いずれもセカンドボールから生まれたもので、そこはチームとしても改めて見直さないといけない。チームには長身の選手も多いし、今日よりも上手く対応出来るはずだから。なんとか負けずに済んで良かったと言うしかない。ただ、ホームでは違った試合になると思うよ」

「今日のピッチはチームにとっては難しい。相手はフィジカルに強くて、空中戦でも負けた。相手を称えるべきだよ。結果的に2-2にはなったけれど、それだけ厳しい試合だったということ」

ユナイテッドは現在バークレイズ・プレミアリーグ首位を走り、チャンピオンズリーグでもレアル・マドリーとの対戦が決まるなど、目の前の大きな目標を見据えている。それでも、ファン・ペルシーの同点ゴールが決まると選手全員が歓喜。FAカップ優勝にかける意気込みが伝わってくるほどだった。

ページ 1 / 2 次へ »