登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/01/2013  Report by A Marshall & N Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

フレッチャー復帰を願う監督

アレックス・ファーガソン監督は、今シーズン後半戦を全休することになったダレン・フレッチャーについて言及。今年 7 月には復帰を果たし、守備的 MF として再スタートを切ることに期待している。

スコットランド代表MFは、潰瘍性大腸炎からの回復を目指し、手術を受けた。今シーズン中に復帰する可能性はなくなったが、監督は同胞であるフレッチャーならば、再びトップチームに戻ってこられるとエールを送った。

「手術によって、ダレンがトップチームに復帰できる可能性は高まった」と、監督はトッテナム戦前の会見でコメント。

「彼は自身のスタイルを変える必要がある。今シーズン中の試合を見る限り、3、4年前のダレンには戻っていない。その代わり、最終ラインの一枚前で起用し、彼は上手く対応していたと思う。今後は同様の役割でチームに貢献してくれるだろう。必ず復帰してくれると願っている。復帰後はこれまでとは違うポジションを任せるつもりだ」

手術は以前から予定されていたが、それでも監督はクラブ内外で人気者のフレッチャーにとっては、簡単なことではないと話す。

「手術の可能性はあった。彼は治療を続けながらベストを尽くしていたよ。しかし、ここ数週間で病状が悪化してしまった。今回の手術で問題が解決されることを願うし、7月までに復帰出来れば良いと思っている。彼にとっても辛いだろうが、数年間病気と向き合ってきたわけだから、彼にとっては完治に向けてステップなのだろう」

ページ 1 / 2 次へ »