登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ジョーンズとスモーリングは実に素晴らしいプレーをみせてくれた。本当に素晴らしいプレーだった。この上なく満足している。彼らは負傷欠場していた時期もあって、出場機会が必要だった。今日の結果は彼らのコンディションアップに繋がるだろう」

― アレックス・ファーガソン監督
17/01/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、両CBを称賛

アレックス・ファーガソン監督は、ウェストハム戦( FA カップ 3 回戦再試合)にフル出場したフィル・ジョーンズとクリス・スモーリングの CB コンビを称賛。

ジョーンズとスモーリングは、フィジカルで上回るハマーズ(ウェストハムの愛称)を相手にも当たり負けせず、オールド・トラッフォードで記録した1-0での勝利に貢献した。

監督は試合後MUTVのインタビューを受け、「ジョーンズとスモーリングは実に素晴らしいプレーをみせてくれた」、「本当に素晴らしいプレーだった。この上なく満足している。彼らは負傷欠場していた時期もあって、出場機会が必要だった。今日の結果は彼らのコンディションアップに繋がるだろう」とコメント。

「彼らの他にも、ナーニ、アンデルソン、(アレクサンデル)ビュットネルのように、出場機会が必要な選手がいた。今後はチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦、それに日曜日(20日)にはトッテナム戦も控えていることだし、全員に出場機会を与えられたのはチームにとって良かった」

「チャンスは多かったが、その大半でミスをした。それでも内容は良かったと思う。後半開始から15分はボックス内にボールを放り込まれ、激しくやり合う場面もあった」

「厳しい場面になっても、しっかりと対応しないといけない。幸いにも、われわれのCB2選手は当たり負けせず、堂々と渡り合っていた。フィジカルの強さで競い合う必要があったわけで、しっかりと対抗出来ないといけない」

数多く作ったチャンスを得点に繋げられず、終盤には相手の猛攻を受けたものの、監督は難しい試合を勝利で終えた結果に満足しているという。

ページ 1 / 2 次へ »