登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ウェストハム戦(再試合)のマン・オブ・ザ・マッチは?

ライアン・ギグス
フィル・ジョーンズ
ラファエウ
クリス・スモーリング

投票はこちらから
17/01/2013  Report by Nick Coppack

ギグス「勝てて一安心」

ライアン・ギグスは、 16 日(水)に行われたウェストハムとの FA カップ 3 回戦再試合にフル出場し、勝利に貢献。試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、一安心したと語った。

ウェイン・ルーニーのゴールにより先制したユナイテッドは、試合の大半で主導権を握ったものの、後半はウェストハムのプレッシャーを背負う展開となり、苦しみながら勝利。

ギグスは試合後、「FAカップでは何が起こるかわからないからね。次のラウンドへ進むことが出来て一安心」とコメント。

「良いスタートが切れたけれど、終盤はだらしないプレーをしてしまった。序盤のゴールで得た勢いから追加点が取れたら良かったんだけれどね。それにしてもウェストハムは相手にすると厄介な存在だよ」

「どのチームが相手だろうと、1-0のままだと不安が付きまとうもの。セットプレーに優れていて、ボックス内にロングボールを入れてくるウェストハムのようなチームが相手なら尚更。追加点が取れていたら楽だった。ただ、勝てて良かった」

78分過ぎにはPKを獲得し、絶好のチャンスを得たユナイテッドだったが、キッカーを務めたルーニーが外してしまい、ゴールネットを揺らせなかった。「今日のようなこともある」と、ギグスはルーニーを擁護している。

「ウェインは過去に凄まじいプレッシャーを背負う状況の中、チームにとって重要なPKを何度も決め続けてきた。今日は外してしまったけれど、試合結果に影響が無かったわけだから。でも、彼はゴールを決めたかっただろうし、きっと後悔するだろうね」

【関連記事】
ユナイテッド 1-0 ウェストハム