登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「施設は素晴らしいし、練習も上手くいっている。次の試合へ向けて最高の準備が出来た」

-レネ・メウレンスティーン
24/01/2013  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

カタール冬季キャンプレポート

ユナイテッドの選手及びコーチ陣が、カタールで行われているキャンプについて語り、この先に控えている試合に向けて最高の準備が出来ているとした。

ユナイテッドは日曜日のトッテナム戦後にカタールへ飛び立ち、その後同国内のアスパイア・アカデミーで練習を続けている。

ネマニャ・ヴィディッチとライアン・ギグスは太陽の元での休養を楽しんでおり、また施設を素晴らしいと称賛した。

ヴィディッチは、「素晴らしい日々を送っているよ。天候は素晴らしいし施設も最高だね」とコメント。「太陽の下で練習を出来るのは、今のマンチェスターの天候を考えると良い変化だと思う。3年前にも来たけれど、今回も楽しめているね」と続けた。

またギグスも、「凄く楽しいね。天気は良いし、施設も素晴らしい。日光を浴びられるのは本当に嬉しいよ。良い練習を積めているし、ビーチで休んだり、ゴルフをしたり出来るからリラックスも出来ている。シーズンに良い効果をもたらしてくれたらと思う」とコメントしている。

尚、アシスタントマネージャーのマイク・フェランとファーストチームのコーチ、レネ・メウレンスティーンも施設を絶賛。チームの状態についてもコメントした。

フェランは、「ここに来られて嬉しく思うし、アスパイアとまた仕事が出来て光栄だ。スタッフも施設も最高レベルだと思う。選手も楽しめている。天候が助けになっていて、全員常に笑顔だよ。シーズンに戻る準備もきちんとできている」とコメント。

また、メウレンスティーンも、「ここへ来た理由は、自然の日光を浴びてもらうこと、そして暖かい気候の中で練習をしてもらうことだったが、上手く行っている」とし、「施設は素晴らしいし、練習も上手く行っている。キャリントンではこのような形では出来ていなかっただろうし、次の試合に向けて最高の準備ができた」と続けた。

ページ 1 / 2 次へ »