登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

31/01/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「失点は自分のミス」

マイケル・キャリックはサウサンプトン戦の失点は自分の責任だということを認めた。

サウサンプトン戦では、キャリックはバックパスをジェイ・ロドリゲスにさらわれ、ロドリゲスはそのままダビド・デ・ヘアをかわして先制ゴールを決めていた。試合は結果的にルーニーの2ゴールで勝利を収めている。試合後、失点について質問されたキャリックは、自分の非を認めると同時に逆転勝利を収め、結果的に2位シティーとの勝ち点差を7に広げたチームの能力の高さを称賛した。

「十分にボールをコントロールできていなかった。完全に僕のミスだよ。文句を言われてもしかたがない。単純にデ・ヘアへボールを返すつもりが、力が足りなかった。でもそこから前半は盛り返して、ゴールも生まれたし、良いプレーが出来たと思う。自分たちらしさが出せた。簡単な試合ではなかったが、勝ち点3を取れて良かったよ」

「立ち上がりはあまり良くなかった。でも前半の間に盛り返して良いプレーが出来た。前半の大半には満足しているけれど、後半は少し調子が悪かった。全然良いプレーが出来なかったよ」

「とにかく乗り切ることが出来たから、勝ち点3を得ることが出来て嬉しい。修正すべき点もあったと思うけれど、良い状態だと思うし、良い位置につけていると思う」

前半を圧倒し、リードを奪った状態でハーフタイムを迎えたユナイテッドだが、後半は苦しみ、常に前線へボールを送り込むサウサンプトンのプレッシャーに晒された。

ページ 1 / 2 次へ »