登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

05/02/2013  Report by Yumiko Yasugi, Photo by SOCCER KING
ページ 1 / 2 次へ » 

ツアー2013 横浜 記者会見

5日、マンチェスター・ユナイテッドと横浜F・マリノスとのプレシーズンゲーム(7月23日開催)に関する記者会見が日産スタジアムで開かれた。

会見には横浜F・マリノス代r表取締役 嘉悦朗氏、ユナイテッド マネージング・ディレクター/アジア太平洋担当 ジェミー・リーグル、ユナイテッドのレジェンドであり、アンバサダーを務めるピーター・シュマイケルの他、大会関係者が出席した。

会見の中で、リーグルは今大会について以下の通りコメント。

「今回の試合の目的は主に4つあります。1つは我々のプレシーズンということ。チームの準備があり、強力な対戦相手を求めていました。横浜F・マリノスはベストの対戦相手で、期待しています。2つ目は、日本のファンとの交流を図るということです。3つ目は、グローバルパートナーのエーオンや地域パートナーのカゴメを代表とする様々なパートナーとの連携を高める意味で開催します。そして、4つ目は地域への貢献、日本への貢献になります。今回もカゴメとタイアップして、サッカーを越える様々な形態での日本への貢献を目指していきたいと思っています」
 
また、会場ではツアー2013の映像や、中村俊輔選手(横浜F・マリノス)と、香川真司(ユナイテッド)からのビデオメッセージが上映された。

続けて行われた質疑応答では、日本の報道関係者からシンジについての質問が多く寄せられ、シュマイケルは、「シンジは何よりも順応性が高いと思う。移籍してきてあれだけすぐにチームに溶け込み、なおかついいプレーができて、(チームに良い影響を与えることができる選手はなかなかいないと思う」とコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »