登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チームとして、彼には残留してもらいたい。それは疑いようのない事実だ。素晴らしいゴールを決める能力があるし、欧州の中でも試合を決められる能力に秀でるベスト選手の1人だと思う。彼には残ってもらいたい」

― アレックス・ファーガソン監督
22/02/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はナーニ残留を希望

アレックス・ファーガソン監督は、 MF ナーニとの契約交渉を引き続き行っていることを明らかにした。

ポルトガル人MFとの契約は来シーズン終了後に満了するが、既に多くのメディアは、今シーズンを最後にナーニがオールド・トラッフォードを離れると予想。複数のクラブから獲得オファーが届いているとも噂されている。

しかしファーガソン監督は、そうした噂を否定。26歳のナーニがチームの構想に含まれていると説明した。

「チームとして、彼には残留してもらいたい。それは疑いようのない事実だ。素晴らしいゴールを決める能力があるし、欧州の中でも試合を決められる能力に秀でるベスト選手の1人だと思う。彼には残ってもらいたい」

「ここ数週間に渡り、デイヴィッド・ギル(CEO)が彼の代理人と話し合いを行っている。最終的な決断は彼次第ということだ。残り1年半の契約を残しているからね。彼自身はファーストチームでの出場機会を保障してもらいたいのだろう。とにかく、われわれは彼が残留してくれるよう、ベストを尽くしている」

ナーニはハムストリングの負傷により今シーズンの大半を欠場していたが、ようやく健康な状態に回復。先日レディングとのFAカップ5回戦で前半終盤から出場し、1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献した。

「ナーニは負傷により6週間か、それ以上チームを離れた。治療の為ポルトガルに帰して、状態が改善するのを待った。ここまで酷い状態のけがは過去にはなかった」

「おかげでナーニは健康な状態に回復したし、トレーニングも順調。またしても私にとっては頭が痛い悩みになる。ナーニは本来であれば左サイドを好むが、時には右でも起用する。今チームにはアシュリー・ヤング、アントニオ・バレンシア、ライアン・ギグスら、素晴らしいオプションに恵まれているからね」

ページ 1 / 2 次へ »