登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

03/02/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ワッザ、ロナウドとの共通点を実感

フルアム戦で決勝点を決めたウェイン・ルーニーは、今節でのゴールがチームにとって幸運の前兆となることを期待している。

直近10試合で10ゴールを記録したルーニーの活躍は、リーグ優勝を果たした2006-07シーズン後半戦のフルアム戦でクリスチアーノ・ロナウドが決めた試合終盤のゴールシーンを思い起こさせた。

試合後ルーニーも「確かに似ているかもしれない」と認めると、「(ロナウドのゴールで勝ってから)チームはリーグ優勝に向かって勢いがついた。今日をきっかけに、その時の再来となれれば良いけれど」とコメント。

「試合を通してそれぞれの状況を判断して、自分がシュートを打つべきか、それともチームメートの方が良いポジションにいるから任せるかを決めるんだ。今日は自分がシュートを打ちたいと思ったし、上手く決まってくれたけれどね」

「タフな試合だったし、責任重大だと思っていたからね。ここ(クレイヴン・コテージ)での試合はいつだって難しい。それに相手が試合を難しいものにする。前半はチャンスを作れたけれど、バーとポストに3度当たってしまったから。それに相手も後半に猛攻を仕掛けてきたから大変だった」

「とにかく前進し続けるしかないと思ったし、必ずゴールを決められると信じていたから。何とかゴールを決めた後は、全員でしっかりと守れたよ。今日の勝ち点3は非常に大きい」

ページ 1 / 2 次へ »