登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ユナイテッドとの試合は僕にとって難しい。でも、プロとして自分のベストを尽くそうと努力したよ」

― クリスチアーノ・ロナウド
14/02/2013  Report by Steve Bartram

ロナウド「感傷的な試合だった」

レアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウドは、ホームで迎え撃ったユナイテッド戦でゴールを決めた後も、古巣への配慮としてゴールパフォーマンスを自重した。

オールド・トラッフォードで6年過ごしたロナウドは、その後、世界最高額の移籍金と共にマドリーに移籍。ポルトガル人MFは、試合後MUTVのインタビューに応じ、古巣への思いを口にした。

「ユナイテッドとの試合は僕にとって難しい。でも、プロとして自分のベストを尽くそうと努力したよ」

「ゴール後も喜びを表現しなかったのは、自分が6年もプレーした大事なチームだったから。僕にとっては感傷的になる試合だった。マドリーの為にゴールを取る為にプレーしたけれど、もしゴールパフォーマンスを実行していたら、チームをリスペクトしていないことになるからね」

試合は1-1のドロー。第2戦はオールド・トラッフォードで行われるが、ロナウドは準々決勝進出に自信をみせている。

「(オールド・トラッフォードでは)4年ぶりになるから、凄く楽しみ。次も感傷的な試合になってしまうだろうね」

【関連記事】
監督「勝機はわれわれにある」