登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/02/2013  Report by Nick Coppack

ファン・ペルシー、臀部打撲

ロビン・ファン・ペルシーは土曜日に開催されたQPR戦で負傷し、前半途中で退いた。

ファン・ペルシーは先制点に絡む動きの中で、相手ゴール前に備え付けてあったテレビカメラに衝突。その後しばらくプレーを続けたが、前半でダニー・ウェルベックと交代していた。

この負傷についてアレックス・ファーガソン監督は、「ピッチの外にあったカメラと衝突した。台の部分にぶつかったようで、臀部が大きなあざになっている。数日痛むだろうが、5日のレアル・マドリー戦には間に合ってくれるだろうと信じている」と説明している。

尚、交代した後のファン・ペルシーはベンチに残り、最後まで試合を観戦した。

今後は3月2日にノリッチ戦、そして3月5日にはレアル・マドリー戦が予定されている。

【関連記事】
ファーガソン監督、勝利に満足