登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

11/02/2013  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス「集中力がポイントだった」

ライアン・ギグスは、メンタル面の強さにより、オールド・トラッフォードでのエヴァートン戦に快勝したと試合後に語った。

試合後のインタビューでギグスは、集中力という単語を何度となく使い、リーグ首位を走るチームとして良い内容で結果を残せたと試合を評価。

「昨シーズンここ(ホーム)でエヴァートンにやられたことがあったし、集中力を保たないといけないことは明白だった。とにかく集中してさえいれば、問題無いと思っていたからね」

前半序盤から良い形で攻めたユナイテッドは、ロビン・ファン・ペルシーがポストに当たるシュートを放った数分後、同じサイドでギグスが先制点を記録し、試合の流れを手繰り寄せた。

「自分のゴールで試合が落ち着いたし、それからは良い展開を作れた。エヴァートンという本当にタフな相手だったから、最初から絶対に良い流れでプレーしないといけなかった。何よりも大事なのは結果。内容は二の次だったけれど、結果として良い内容だったと思うね」

昨年11月のノリッチ戦でまさかの敗戦を喫したユナイテッドだったが、直近14試合(リーグ戦)で12勝を記録。スウォンジー、トッテナムともドローとしたが、2012-13シーズン優勝をほぼ手中に収める格好となりつつある。ギグスは現在のチームが誇る選手層、そして長年オールド・トラッフォードで培ってきたノウハウがあれば、リーグ優勝は

ページ 1 / 2 次へ »