登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/02/2013  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「チームに慢心は無い」

マイケル・キャリックによれば、ユナイテッドのドレッシングルーム内で、既に今シーズンのバークレイズ・プレミアリーグ優勝を決めたと思い込むような雰囲気は一切感じられないという。

QPR戦に勝利したユナイテッドと2位シティーの勝ち点差は12。残り11試合ということを考えれば、ユナイテッド優勝の可能性は高いものの、チーム内に慢心は無いとキャリックは語っている。

「(優勝がほぼ決まりという話題を)出来る限りブロックしようとしているよ」

「まだまだやるべきことは残っているし、(アレックス)ファーガソン監督も目の前の試合に集中しようと言っているところ」

「まだまだ先のことを見据えるのは危険。そういう慢心は噛みついてくるからね」

昨シーズン、ユナイテッドは残り6試合で2位シティーと勝ち点差8としていたが、逆転され優勝を逃した。苦い経験を踏まえ、キャリックら全選手は、もう二度と同じ轍は踏まないという決意で今シーズンに臨んでいる。

12月5日から無敗を継続、そしてフィル・ジョーンズ(足首)、ロビン・ファン・ペルシー(臀部)、そしてポール・スコールズ(膝)以外は健康という状況を考えても、ユナイテッドが置かれている状況は有利と言える。

ページ 1 / 2 次へ »