登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

12/02/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、シティー敗戦で予定を変更

アレックス・ファーガソン監督は、 2 位シティーが前日( 9 日)サウサンプトンに敗れたことを受け、エヴァートン戦に最高の布陣で臨むことを決意。その結果、 2-0 でエヴァートンに完勝し、シティーとの勝ち点差も 12 にまで広げた。

10日(日)の試合後、監督は当初、ミッドウィークに予定されているレアル・マドリー戦を見据え、7選手程度を変更する考えだったとコメント。しかし、セント・メリーズ(サウサンプトン本拠地)での試合を見届け、プラン変更を決意したという。
「シティーが負けたことは関係なく、われわれは今日の試合に勝たないといけなかった」とSky Sportsのインタビューで語った監督は、「この1週間を通して言い続けてきた通り。集中して試合に臨めれば、チームは大丈夫」と続けた。

「当初は7人くらい選手の入れ替えを行おうと思っていたが、シティー戦の結果を受け、今日がチームにとってより重要な試合になった。確実に勝って、優勝争いをリードする必要があったからね。シーズン終盤に選手の入れ替えは可能。今日勝てば、チームは優勝争いで有利な位置につけられる。これが現実的な考えだった」

「前半は、およそ20分間は相手のペースで進んだと思う。ポゼッションで有利に進められ、CKからチャンスも作られた。レイトン・ベインズが良い形を作っていたよ。後半はゴールこそ無かったが、前半よりも良い流れだった。試合をコントロール出来ていた」

ページ 1 / 2 次へ »