登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/12/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

勝点1を許容するウェルベック

ダニー・ウェルベックは、2-2のドローに終わったアウェーでのトッテナム戦について、残念ではあるものの、打ち砕かれてはいないと形容した。

勝ち点3と比較すれば満足のいく結果ではないが、ウェルベックはホワイト・ハート・レーンでのドローは悪くない結果として受け止め、2度ビハインドとなりながらも同点に追いついた点に満足しているという。

「ホワイト・ハート・レーンでも勝つ実力は今のチームにある。そう思って試合に臨んだけれど、2ゴールを許してしまった。でも、すぐに同点に追いついたのは良かったと思う。残念ではあるけれど、今は勝ち点1を取れて良かったとも思う」

「ワッザ(ウェイン・ルーニー)がゴールを決めて追いついた後は良いプレーが出来ていた。ただ、FKを多く与えてしまっていたので、自然と自分達にプレッシャーをかけてしまっていたのかもね。もし守備を安定させられたら、今後はより良い結果を得られると思う」

ウェルベックは、トッテナムのサンドロが53分に決めた衝撃的なゴールについても言及。「ダビド(デ・ヘア)なら止められたよ! 冗談だけどね」とすると、「素晴らしいゴールだった。彼がシュートした瞬間を背後から見ていたけれど、枠を外れていたから入らないと思った。そしたら軌道が変わって、トップコーナーに吸い寄せられたからね。あのシュートには何も出来ない」とコメント。

ページ 1 / 2 次へ »