登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド 0

ニューカッスル 1
カバイェ(61分)

2013年12月7日(土)
オールド・トラッフォード
観衆:7万5233人

08/12/2013  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド 0-1 ニューカッスル

ミッドウィークの敗戦を払拭したいユナイテッドだったが、ニューカッスルにも1-0で敗れ、オールド・トラッフォードで連敗を喫した。

ウェイン・ルーニーが累積警告で出場停止、そして香川真司も体調不良によりメンバー外となった中、デイヴィッド・モイーズ監督は、鼠径部の負傷で欠場していたロビン・ファン・ペルシーを先発に起用。

立ち上がりからニューカッスルにボールを回されるシーンが目立つユナイテッドは、中盤でボールをコントロール出来ない展開が続く。
アドナン・ヤヌザイ、ファン・ペルシー、ハビエル・エルナンデスらの個人技からチャンスを作ろうとするも、決定的なシーンは見られず。

0-0で前半を終えたが、ニューカッスルの勢いは衰える気配は無し。
51分、ファン・ペルシーが低い位置まで下がりパスを受けると、逆サイドのチチャリートめがけて絶妙なロングパスを通すものの、メキシコ人ストライカーのシュートはGKティム・クルルにセーブされる。

その4分後にはCKからパトリス・エヴラがヘディングシュートを見せるも、無情にもポストに嫌われてしまう。

反対にチャンスを掴んだのはニューカッスルだった。
61分、エヴラがフィフティのボールをムサ・シソコに奪われると、シソコは中央のヨアン・カバイェにクロスを出し、カバイェが落ち着いてシュート。これが決まってニューカッスルが先制する。

局面を変えたいモイーズ監督は、ナーニに代えてウィルフレッド・ザハを投入。その後トム・クレヴァリーに代えてアンデルソン、そしてラファエウを下げてアントニオ・バレンシアを続けてピッチに送り込むが、ちぐはぐなプレーの連続に終始。

ページ 1 / 2 次へ »