登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/12/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

スモーリング「ドローは正当」

クリス・スモーリングは、2-2のドローに終わったトッテナム戦の結果を残念としつつ、「正当な結果」と、試合後に語った。

ノースロンドンでのアウェーマッチは、カイル・ウォーカー、サンドロの個人技から失点し、2度のビハインドとなりながらも、ウェイン・ルーニーが2度同点ゴールを記録し、勝ち点1を獲得。

スモーリングは、勝てていたはずの前節カーディフ戦の結果と比べれば、失望感は少ないとMUTVに語った。

「今日は正当な結果だと思うね。先週末の結果を考えれば、トップ5のチームとの対戦はタフになるとわかっていたから。カーディフ戦では勝ち点2を取り逃したけれど、今日の場合は、後々振り返った時に『効果的な勝ち点だった』と思えるんじゃないかな」

「後半もチームは攻めていたし、(デイヴィッド・モイーズ)監督も攻撃的な選手を投入していた。相手も同じ様に勝ち点3を取りにいったよ。ただ、運が少し足りなかったかな」

サンドロのワンダーゴールに質問が及ぶと、スモーリングは精神的な影響を受けたと認めたが、再び1点を追う展開となって以降にチームメートが見せた反応を称賛した。

ページ 1 / 2 次へ »