登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/12/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

監督は若手の起用を重視

デイヴィッド・モイーズ監督は、ユナイテッドの伝統である、才能に溢れる若手の起用を重視するとしている。

今シーズン多くの若手にチャンスを与えている監督の方針は、先日のアストン・ヴィラ戦で起用した先発11人の内、6選手が24歳以下だったことからも、見て取れる。

モイーズ監督は、ダニー・ウェルベック、フィル・ジョーンズ、ダビド・デ・ヘア、クリス・スモーリング、トム・クレヴァリーらについては、既にトップレベルでの経験を豊富に持っていると話す。

「ユナイテッドの将来の為にも、長期的な視野で選手を起用していかないといけない。若手の起用は私の仕事の一部でもあるので、アカデミーから吸い上げられる選手がいるかどうかを見ないといけない」

「多くの若手にチャンスを与えるのがクラブの伝統だが、ウェルベック、デ・ヘア、ジョーンズらは既にトップチームで経験を積んだ選手だ。彼らはレギュラーとして安定している」

「アドナン(ヤヌザイ)が最も経験の浅い選手と言える。チームには、彼のような若手、それに経験豊富なベテラン(ライアン・ギグス、ネマニャ・ヴィディッチ、リオ・ファーディナンド)も必要。彼らを多くの試合で起用しているので、それはわかってもらえていると思う」

ページ 1 / 2 次へ »