登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/12/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス「冬の休暇はプラス」

ライアン・ギグスは、バークレイズ・プレミアリーグにウィンターブレークを導入する案を支持している。

ユナイテッドは次節から5日間で3試合という過密日程をこなさなければならず、当然ながら40歳のギグスが全試合に出場する可能性はゼロに近い。ウェールズ出身MFは、年末年始にかけての過密日程の対応が難しいことを十分に実体験していると話す。

ウィンターブレークを実施している欧州のリーグは少なくなく、リーグ戦、そして各国代表にとってもプラスに働く休暇をイングランドも同様に設けるべきという批判も出ているほど。ギグスは、こうしたアイディアを支持している。

「ウィンターブレークがあると良いね。クリスマス時期ではないにしろ、1月に数週間のオフがあれば、温かいところに身体を休めに行けたりもする。それで試合の1週間前からトレーニングを再開させれば良いからね。無理な要求ではないと思うよ」

「クリスマス時期はテレビの視聴率も良いし、スタジアムも満員になるからね。でも、休暇は代表チームにとっても良い影響があると思う。休暇があれば選手の状態も良くなるし、チャンピオンズリーグのパフォーマンスにもプラスに働く。僕自身も、10月と11月の代表ウィーク中に数日のオフをもらって、それで助けられた部分があるから。リフレッシュ出来るしね」

ページ 1 / 2 次へ »