登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/12/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

未体験の状況を満喫したエヴラ

パトリス・エヴラは、2-0で勝利したストーク戦(キャピタルワンカップ)後、自身のゴール、そして試合中断の原因となった悪天候について語った。

難敵ポッターズ(ストークの愛称)を下したユナイテッドは、来年1月にサンダーランドと準決勝で対戦する。
エヴラは78分に、利き足ではない右足でゴールをマーク。試合後のインタビューで次の様に語った。

「今日のような天候でプレーしたのは初めて。難しいコンディションだったから、全員が称えられるべき。それにストークとのアウェーゲームだったからね。2-0で、しかもクリーンシート(無失点)で終えられたことに満足しないと」

「(試合中断から再開後は)少し落ち着かないプレーをしてしまった。だから(デイヴィッド・モイーズ)監督も、後半は良いプレーをしようと言っていたんだ。雨と雹が止んだ後も、自分達は自分達のフットボールを続けた。それが重要なんだ。それが違いを生んだ」

ユナイテッドは、アシュリー・ヤングのゴールで先制後、そのヤングとのコンビネーションからエヴラがゴールを記録。

「得点は嬉しいけれど、あれはアクシデントみたいなもの。アシュには『インサイドに切り込むからパスが欲しい』と話していたんだ。それで右足で打とうと思った。皆はクロスを上げるべきだったと言うかもしれないけれど、フランス代表でも以前右足でシュートを決めていたから、嬉しかったよ」

ページ 1 / 2 次へ »