登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「今日の天候は最悪だったが、サポーターは試合を通してチームに声援をくれた。それは素晴らしいことだ。あれだけの声援をもらえたので、勝利をプレゼント出来て良かった。このまま勝ち続けたい」

― デイヴィッド・モイーズ監督

19/12/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

監督は安定した守備を評価

デイヴィッド・モイーズ監督は、悪天候の中でも無失点に抑え、勝利に貢献したDFを称えた。

雹(ひょう)を伴う大雨の影響により、前半途中で試合が中断するアクシデントがあったものの、守備陣は再開後も集中力を切らすことなく、ストークの攻撃を防ぎ続けた。

中々決定機を作れずにいたユナイテッドは、後半にアンデルソンを下げてハビエル・エルナンデスを投入後、アシュリー・ヤング、パトリス・エヴラのゴールが決まり、キャピタルワンカップ準決勝進出を果たした。

試合後、モイーズ監督は次の様にコメントしている。

「クリーンシート(無失点)で終われたのは、DFにとって重要なこと。アウェーでのストーク戦は難しい。今日の試合でもボックス内にボールを入れられ苦しんだが、守備が安定していたと思う」

「悪天候の中、チームは良いプレーをしたと思う。特に前半は中断もあり難しかった。だからこそ、DFの集中力が重要だった」

「強風でボールの位置を見誤る可能性もあったので、落ち着いて対応する必要があった」

「今日は選手交代で試合の流れが変わった。上手くいった」

「アシュリー・ヤングの素晴らしいゴールで先制出来た。実際、パスは上手く繋がっていたが、ゴールに繋がるシーンは多くはなかった。だから得点が必要だった」

ページ 1 / 2 次へ »