登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

28/08/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

リヴァプール戦に燃えるヴィダ

試合で得られる勢いは重要なファクターとなる。ネマニャ・ヴィディッチは、91日(日)に行われるリヴァプールとの一戦に自信を持って臨めると語った。

昨シーズンの王者はスウォンジーとの開幕戦で4-1と快勝したが、ホーム開幕戦となったチェルシー戦は接戦の末スコアレスドロー。お互いに決定機が少なく、ファイナルサードでの決定力を欠く内容となった。

シアター・オブ・ドリームス(オールド・トラッフォードの別称)でのドロー決着は成功とは見られないかもしれない。しかしヴィディッチは、アンフィールド(リヴァプール本拠地)での試合を含み、今後予定されているビッグマッチに向け、チームの状態は上がっていくと見ている。

「チェルシーよりもボックス周辺でポゼッションをキープ出来ていたからね。最後のパスの質は良くなかったけれど、ゴールを決めていたとしても不思議ではなかった。戦術的な試合だったので、面白みに欠けると言う意見もあるだろうね。でも、チームにとってはポジティブに受け止められる要素が多くて、現在のチーム状態には満足している」

「チェルシーよりも自分達の方が得られるものは多かったと思う。良いプレーをしたし、相手にチャンスを作らせなかった。得点を決めていたかもしれないシーンもあったわけで、チームはポジティブに結果を受け止めている。濃密な内容だったから、これからチームは更に良くなる」

ページ 1 / 2 次へ »