登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/08/2013  Report by J Tuck, N Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:チェルシー戦

スコアレスドローとなったチェルシー戦を振り返る。

試合総括:デイヴィッド・モイーズ監督にとって初のホームゲームで、相手は強豪チェルシーという環境の下、予想通り競った試合となったが、ユナイテッドは少ないチャンスを決めきれず。全体的にユナイテッドの方が良い試合を見せていたものの、得点を決めることは出来なかった。

サイドストーリー:スウォンジー戦では途中出場となったウェイン・ルーニーが先発フル出場。大歓声に出迎えられ、攻守に渡り貢献した。

スターマン:ロビン・ファン・ペルシーの背後、両ウィングで起用されたダニー・ウェルベック、アントニオ・バレンシアの間でプレーしたルーニーは、試合開始から最後まで攻撃の起点となった。通算150試合出場を達成したバレンシアも、右サイドでアシュリー・コールを脅かすプレーを披露。マイケル・キャリックも冷静なプレーに終始し、中盤を固めた。

対戦相手分析:勝利に徹する戦術を駆使するモウリーニョ監督だが、本職のストライカーを起用しなかった点がサプライズだったと言える。攻撃のチャンスも制限されたブルーズ(チェルシーの愛称)は、オールド・トラッフォードでの勝ち点1に満足していたようにも見えた。

ページ 1 / 2 次へ »