登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/08/2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「勝利欲は失われない」

マイケル・キャリック曰く、たとえユナイテッドが何度リーグ優勝を果たそうとも、チームの勝利に対する欲は決して消え失せないという。

昨シーズンの優勝でキャリア5度目となるバークレイズ・プレミアリーグ優勝を経験したMFは、シーズンを通して安定したプレーを続け、チームメートが選ぶ年間最優秀選手賞を受賞。

ユナイテッドはデイヴィッド・モイーズ監督体制に代わり、ディフェンディング王者として臨む今シーズンでは、シティー、そして26日(月)にオールド・トラッフォードで対戦するチェルシーらと激しい優勝争いをすると見られている。厳しいシーズンが待っている中、キャリックは、チームの勝利に対する欲は過去最高レベルにあると語った。

「(ハングリーでいるのは)難しいことではない。優勝を経験して、個人、そしてチーム全体で成し遂げた成功から得る満足感を考えれば、何度でも経験したいと思うものだからね。一度でも経験すれば、更に貪欲になるものだから」

「ギグシー(ライアン・ギグスの愛称)を見ればすぐにわかる。彼は既に13度も優勝を経験している。凄い記録だと思う。けれど、彼が今後も優勝したいと思う理由もわかる」

「昨シーズン優勝したことで、今シーズンの自分達は過去最高に勝利に飢えていると思うね。王者ということで他チームの標的になるわけだし、そういう時こそ更にハングリーになるものだよ。それがチームを前に向かわせてくれる」

ページ 1 / 2 次へ »