登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ラファ(ラファエウの愛称)はコミュニティシールドでハムストリングを痛めたので、3、4週間は試合に出られない。1人ないし2人は負傷から復帰するが、ナーニ、アシュリー・ヤング、チチャリート(エルナンデスの愛称)は万全な状態にはなっていない」

― デイヴィッド・モイーズ監督

23/08/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

負傷者最新情報について語る監督

デイヴィッド・モイーズ監督は、26日(月)のチェルシー戦に出場が難しい負傷者の現状を説明。しかし、強豪相手にも十分に対抗出来ると語った。

Aonトレーニングコンプレックスでの会見に出席した監督は、コミュニティシールド(ウィガン)でハムストリングを痛めたラファエウの復帰時期について、最長1ヶ月の欠場になる可能性があると示唆。その他アシュリー・ヤング、ナーニ、ハビエル・エルナンデスの現状を説明した。

「ラファ(ラファエウの愛称)はコミュニティシールドでハムストリングを痛めたので、3、4週間は試合に出られない。1人ないし2人は負傷から復帰するが、ナーニ、アシュリー・ヤング、チチャリート(エルナンデスの愛称)は万全な状態にはなっていない」

「彼ら3選手は代表戦の影響などにより、プレシーズン中に十分な準備が整わなかった。時間がかからずに復帰してくれれば良いと思っている」

「負傷者が出ても対抗出来るだけの戦力はある。ただ、彼ら3選手に関しては、プレシーズンのトレーニングが不十分だっただけのこと」

監督はジョゼ・モウリーニョ監督のイングランド復帰を含め、ライバルとの対戦が待ちきれないと話した。

「私はジョゼのことを買っている。彼はイングランドで成功を収めた人物。しばらく顔を合わせていなかったから、会うのが楽しみだ」

「ハイレベルな試合の為、そしてトロフィーを勝ち取る為、私はクラブにやって来た。タイトルを獲得したいのなら、チェルシーやシティーのようなチームにも勝たないといけない。それがプレミアリーグだ」

ページ 1 / 2 次へ »