登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

22 April 2013  Report by Steve Bartram

ユナイテッド 3-0 ヴィラ

ユナイテッドがロビン・ファン・ペルシーのハットトリックによりアストン・ヴィラに 3-0 で勝利。ホームで 2 シーズンぶり通算 20 回目のリーグ優勝を決めた。

前節ウェストハム戦から3選手を変更して大一番に臨んだユナイテッドはGKダビド・デ・ヘア、DFラファエウ、フィル・ジョーンズ、ジョニー・エヴァンス、パトリス・エヴラ、MFマイケル・キャリック、ライアン・ギグス、アントニオ・バレンシア、香川真司、FWウェイン・ルーニー、ファン・ペルシー。

試合が始まるとトップ下でプレーするかと思われたルーニーがセントラルMFに下がり、シンジがトップ下に。ギグスが左サイドハーフの位置でプレーすることに。

勝てば優勝が決まる試合で選手達のモチベーションは高く、開始2分にホームチームが先制する。
ルーニーから右サイドのバレンシアにロングパスが通ると、ラファエウに渡りファーサイドにクロス。シンプルに蹴られたクロスをギグスが受けて逆サイドのファン・ペルシーにラストパス。ヴィラサイドは中央にいたシンジにマークを集中させていた為オランダ人ストライカーは難なく左足で合わせてゴールを記録した。

絶対にホームで優勝を決めるという意思がプレーからも見て取れるユナイテッドの猛攻は止まらない。
直後もバレンシアからのクロスにファン・ペルシーがダイレクトボレーで反応。惜しくもバーの上を越すシュートだったが、ストライカーが遂に覚醒した感が開始からの数分でわかるほどだった。

すると数分後にもユナイテッドにチャンスが訪れる。
シンジからギグスへとパスが繋がり、ドリブル突破からクロス。ファーサイドでファン・ペルシーが繋いだボールにゴール前でシンジが頭で合わすも決まらず。

しかし直後にもシンジからルーニーへと絶妙なスルーパスが通り、セカンドボールにラファエウが観客の声援に合わせるようにしてミドルシュートを選択。シュートは惜しくも左側のポストに当たったものの、押せ押せムードは止まらない。

残留争いから抜け出したいヴィラもクリスティアン・ベンテケが11分にゴール前でシュートを放つも、ジョーンズが猛ダッシュで戻ってカバー。
ヴィラもガブリエル・アグボンラホール、シャルル・エンゾグビアとの連携から打開策を見出そうと奮闘。しかしユナイテッドのゴールマウスは固く閉ざされたまま。

すると13分、ルーニーがファン・ペルシーへ阿吽の呼吸でクロスを上げ、ファン・ペルシーがダイレクトボレーを左足で右隅に決めてユナイテッドが追加点を挙げる。
こうなるとハットトリックが期待されるファン・ペルシーが優勝を大きく手繰り寄せる3点目を奪取することに。

33分、シンジが左サイドを抜け出たギグスに素晴らしいタイミングでスルーを出すと、ベテランはDFの又を抜くパスでファン・ペルシーを選択。オランダ人ストライカーは落ち着いて相手をかわして左足でシュート。ポストに当たったもののゴールネットを揺らし、前半だけでハットトリックを達成した。

全く付け入る隙を与えないユナイテッドが前半を3-0で折り返した中、ヴィラは後半からカリム・エル・アーマディを投入。

ユナイテッドよりもボール支配率が多くなったヴィラはCKからシュートチャンスを得る。アンドレアス・ヴァイマンがヘディングで1点を返そうとするも、ファン・ペルシーがゴールライン付近で頭でクリアー。

ユナイテッドもルーニーがシンジへ縦へのパス、またはギグスからゴール前にいたシンジにラストパスが通るなど、シンジは後半も継続して得点のチャンスに絡む。

ページ 1 / 2 次へ »