登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

08 April 2013  Report by Ben Hibbs

ユナイテッド 1-2 シティー

オールド・トラッフォードで行われたシティーとのマンチェスター・ダービーは、後半にジェイムズ・ミルナー、セルヒオ・アグエロにゴールを許し、ユナイテッドが 2-1 で敗れた。

勝ち点差15として迎えた今シーズン最後のマンチェスター・ダービー。アレックス・ファーガソン監督は以下のメンバーを選出した。
GKダビド・デ・ヘア、DFラファエウ、リオ・ファーディナンド、フィル・ジョーンズ、パトリス・エヴラ、MFマイケル・キャリック、ライアン・ギグス、アシュリー・ヤング、ダニー・ウェルベック、FWウェイン・ルーニー、ロビン・ファン・ペルシー。
香川真司はベンチスタート。

キックオフ早々、シティーはカルロス・テベスを起点にミルナー、ダビド・シルバへとパスが繋がりゴール前に侵入するもシュートは打てず。
逆にユナイテッドはカウンターからチャンスメーク。ヤングからのパスを受けたウェルベックがドリブルで持ち込み、シュートコースを探すが打てず。右サイドを上がっていたルーニーに出していれば違った展開となっていただろう。

カウンター狙いのユナイテッドは、14分過ぎにキャリックからボックス内のルーニーへとパスが通り、ワンタッチでギグスに流すがベテランは触れず。

ユナイテッドではオフェンスまでの組み立てにウェルベックが絡むことが多く、守備ではシルバへの対応としてジョーンズが機能する場面が目立つ。
21分にはヴァンサン・コンパニがDFの裏に抜けたシルバにパスを通すと、シルバはテベスへとラストパス。だがジョーンズが身体を入れて対応する。

得点の欲しいファン・ペルシーは時折強引にシュートを放つシーンがみられ、周りのオープンな選手が見えていない様子。

ダービーとしてはやや緊張感に欠けるが、両チーム共にハイレベルな攻防をみせる。
カウンターから再三に渡りチャンスを作るユナイテッドは、前半終了間際にキャリックがボックス内のファン・ペルシーにパスを通し、オランダ人ストライカーが叩いたボールに詰めていたラファエウが反応するも、GKジョー・ハートが弾いて阻止。

シルバ、サミル・ナスリの動き出しを中心にオフェンスを展開するシティーに対し、カウンター狙いのユナイテッドという流れのまま前半をスコアレスで終了した。

試合が動き始めたのは後半開始から6分だった。左サイドでギグスが不用意なヒールパスを出したところをギャレス・バリーが奪うと、パスを受けたナスリが中央付近までボールをキープ。シュートが打てないとみるやミルナーに流すと、ミルナーはミドルシュートを選択。デ・ヘアが僅かに振れるがコースは変わらず、シティーが先制する。

追う展開となったユナイテッドは、直後ロングボールにファン・ペルシーが反応するもシュートは打てない。

しかしゴールを奪われてから8分後の59分、ホームサイドが決定機を迎える。

右サイドのドリブルで上がったラファエウがヤヤ・トゥレに倒されてFKを獲得。キッカーのファン・ペルシーのクロスにジョーンズが頭で合わせると、マークに付いていたコンパニの背中にシュートが触れてコースが変わりゴール。ユナイテッドが失点から10分以内に同点に追いつく。

シティーは前半攻撃の中心になっていたシルバのボールタッチ数が極端に減るが、ファイナルサードに中々トゥレが顔を出さないのが逆に不気味な感は否めない。

ページ 1 / 2 次へ »