登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/04/2013  Report by Ben Hibbs

監督、ストーク戦の内容に満足

水曜夜にアウェーでウェストハム戦を迎えるアレックス・ファーガソン監督は、日曜日に2-0で勝利したストーク戦は、チームの素晴らしい持ち味が発揮されていたと振り返った。

FAカップ準々決勝でチェルシーに、また続くリーグ戦でもシティーに敗れていたユナイテッドは、2位シティーの追撃を許さないためにもストーク戦は必ず勝利する必要があったが、ストークのフィジカルの強さと熱狂的なサポーター、そして強風という条件の悪さの中、プレッシャーをはねのけ貴重な勝利を手に入れた。

ファーガソン監督は試合を振り返り、「自分たちの持ち味を控室に置き忘れるなと常にチームに伝えているが、ストーク戦ではそれが実行できたと思う」とユナイテッドが見せた能力の高さについてコメントした。

「ブリタニア・スタジアムは難しい。特に前半は強風が厳しかった。しかし、私たちはそれに屈することなく、集中し続けることができたし、自分たちにプレッシャーをかけすぎることもなかった。パスを回して、ボールを動かし続けることができた」

「チャンスの数は少なかったが、過去6年に渡りストークとの対戦は少ないチャンスを活かして勝利する内容だった。例を挙げればテベスのゴールや、エルナンデスのゴール

ページ 1 / 2 次へ » 


「ブリタニア・スタジアムは難しい。強風が厳しかった。しかし、選手たちは見事に持ち味を出して良いパフォーマンスをしてくれたと思う」

-アレックス・ファーガソン監督