登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/04/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 3 次へ » 

勝利をもぎ取った選手を監督が称賛

アレックス・ファーガソン監督は、難しいストークとのアウェーゲームを 2-0 で勝利した選手達を試合後に称えた。

マイケル・キャリックが前半早々にゴールを決め、後半にはロビン・ファン・ペルシーがPKを蹴り込みユナイテッドが勝利。オランダ人ストライカーは久々にゴールを決めると、監督を強く抱きしめ喜びを爆発させた。

チェルシーとのFAカップ準々決勝再試合に敗れ、シティーとのマンチェスター・ダービーでも敗れた後だっただけに、ユナイテッドの選手達はプレッシャーを感じていたはず。そんな中、難所ブリタニア・スタジアムで結果を残した。

「月曜日(8日)に負けた次の試合で、われわれにとっては挽回する為、そして優勝に値するチームとしてみなされる上でも極めて重要な試合だった」と監督。

「試合前には風がボールに影響を与えるだろうと選手達には話していた。今日の気象条件は恐らくストークでの試合としては最悪だっただろうね。滅多にないことで、試合自体もタフなものだった。試合を通して戦い抜いた選手達を称えたい」

監督は、ファン・ペルシーが11試合ぶりにゴールを決めた点を評価しつつ、ゴール後の熱の入った喜びようについては苦笑。

ページ 1 / 3 次へ »