登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/04/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

屈しなかった選手達を監督が称賛

アレックス・ファーガソン監督は、アンディ・キャロルを中心にフィジカルゲームを仕掛けてきたウェストハム戦を 2-2 で終えられた点を高く評価している。

監督は、ダビド・デ・ヘアが前半終盤にキャロルの突進を受けたシーンについて言及し、「レッドカードもの」と主張。主審のリー・プロバートは、後半もデ・ヘアと接触したストライカーに対し、ようやくイエローカードを提示した。

監督はここ最近空中戦に上手く対応しているデ・ヘアをはじめ、選手達を称えている。

「相手がどういうプレーをしてくるかはわかっていた」

「試合の大半では空中戦になると思っていたし、われわれはハイボールにも対応しないといけなかった。試合を見ればわかる通り、相手はかなり激しくぶつかってきていた」

「(デ・ヘアへのタックルは)明らかにレッドカードもの。主審の見方は違ったようだがね。選手達は守られるべきなのに、それが実行されなかった」

「ダビドは常に成長を続けている。ファンタスティックなGKになりつつある。あとはイングランドでの経験だけだ。トレーニングの時から良いパフォーマンスを見せているし、今夜の試合でも成長したところを示してくれた。何度も言うように、彼はファーストクラスのGKに成長している」

ページ 1 / 2 次へ »