登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「アウェーでの2試合(ストーク、ウェストハム戦)では、リーグ優勝を是が非でも決めようという姿勢を見せられた。選手達は本当に良くやったと思う」

― アレックス・ファーガソン監督
19/04/2013  Report by A Bostock, G Thompson

監督、ヴィラ戦でもメンバー変更無し

アレックス・ファーガソン監督は、来週月曜日( 22 日)のアストン・ヴィラ戦メンバーについて定例会見で言及。前節ウェストハム戦で軽傷を負った選手も継続して起用すると語った。

「数選手は水曜日の試合で打撲を負ったようだ。(ネマニャ)ヴィディッチは激しい試合で顎に打撲を負ったが、重傷者が出なくて良かった」と語った監督は、次のように続けた。

「(ウェストハムに)立ち向かった素晴らしいチームだった。ビッグ・サム(サム・アラーダイス監督の愛称)のチームと対戦する時は、前回のような試合は想定内。勝ち点1という結果には納得している」

「残り20分でチャンスも1、2度あったし、勝てていたかもしれない。しかし2度もビハインドとなった状況を考えれば、満足するべき結果だ。アウェーでの2試合(ストーク、ウェストハム戦)では、リーグ優勝を是が非でも決めようという姿勢を見せられた。選手達は本当に良くやったと思う」

「今は毎試合が前節よりも重要に感じる。シーズン終盤ともなれば、そうなるのが自然なこと。月曜日も同じメンバーで戦う。チームにとって最適な結果が出れば良いと願っているよ」

【関連記事】
エヴラ「批判は気にならない」