登録
ようこそ 
登録情報を変更する




サッカーニュース

01 April 2013  Report by Adam Bostock

チェルシー 1-0 ユナイテッド

1 日という間隔で行われたチェルシーとの FA カップ準々決勝再試合は、デンバ・バの 1 点をチェルシーが守り抜き、 1-0 でユナイテッドが敗れた。

サンダーランド戦から1日を挟みスタンフォード・ブリッジへとやって来たユナイテッドは、予想通りメンバーを変更。
ダビド・デ・ヘア、クリス・スモーリング、マイケル・キャリック、アントニオ・バレンシアは2試合続けて先発起用。DFにはフィル・ジョーンズ、リオ・ファーディナンド、パトリス・エヴラ、キャリックの隣にはトム・クレヴァリーを配置し、両ウィングにナーニとバレンシア、最前列にはハビエル・エルナンデスとダニー・ウェルベックというメンバーを起用した。

ウェイン・ルーニーはイングランド代表合流中に鼠径部を痛めていたことがわかり、2試合続けてメンバーから外れた。

細かいパスを繋ぐチェルシーは、早々にオスカルがボックス内に侵入するなど、小気味よいリズムでビルドアップを続ける。また、SBアシュリー・コール、セサル・アスピリクエタの上がりも目立ち、中央ではフアン・マタ、エデン・アザール、オスカルを軸に、デンバ・バがチャンスをうかがう展開となる。

ユナイテッドは固いチェルシーの守備を崩せず、20分あたりまでファイナルサードにボールを繋げられず。キャリックが楔のパスを入れて打開策を見出そうとするも、シュートまで持ち込めない。

そんな展開に変化を見せたのはウェルベック。コールへのパスをインターセプトするとナーニへと繋ぎ、ポルトガル人MFはエリア内に走り込んだチチャリートを選択。しかしエルナンデスはシュートで終われない。

コールはハムストリングを負傷した模様で、ライアン・バートランドと交代。

26分には再びユナイテッドがインターセプトからボールを奪うと、チチャリートがペナルティエリアにボールを運びシュートを狙うが、スリップしてしまいチャンスを潰す。

31分にはアザールからバへとパスが通り、ニアサイドを狙ったシュートを放つが、デ・ヘアが足を出してカット。難を逃れる。

膠着状態が続く中、デ・ヘアのロングキックを前線で受けたチチャがペナルティアーク付近からミドルシュート。ペトル・チェフの手を弾く強烈な弾道だったったが、ゴールネットを揺らせない。

互いに好機を作るユナイテッドとチェルシーだったが、スコアレスのまま前半を終えた。

両チーム共にメンバーチェンジは無し。
前半終盤と同様に速いパス回しが続くが、先制点を挙げたのはホームサイドだった。

49分、マタがスモーリングとファーディナンドの間を抜けようとするバを見逃さず、ふわりと浮かせたボールを出すと、ファーディナンドの裏に抜け出たバがワンタッチでシュート。右足で蹴られたシュートにデ・ヘアは全く反応出来ず、チェルシーが均衡を破った。

その後も右サイドのラミレスからマタ、そしてバへクロスが上がるが、これにはデ・ヘアがパンチングで対応。

ページ 1 / 2 次へ »