登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「リーグ優勝は決めたけれど、それで気を緩ませることはない。良いパフォーマンスを見せたいし、リーグ優勝がかかっているような気構えで臨む。それがチームの試合に対するアプローチだから」

― マイケル・キャリック
26/04/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

キャリック「気の緩みはない」

マイケル・キャリックは、既にバークレイズ・プレミアリーグ優勝を決めながらも、ユナイテッドが今週末のアーセナル戦に向けてモチベーションを高く維持していると語った。

プレミアリーグ記録となる勝ち点95更新の可能性も残されている中、キャリックは残り試合でもハイレベルなパフォーマンスを披露する義務があるとコメント。
現在3位のアーセナルは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権をかけ、チェルシー、トッテナムと激しいトップ4争いの最中にいる為、何が何でも負けるわけにはいかないと考えているだろう。

キャリックは「毎試合同じアプローチで試合に臨む。どの試合も勝ちたいという気持ちがあるからね」と語り、次のように続けた。

「リーグ優勝は決めたけれど、それで気を緩ませることはない。良いパフォーマンスを見せたいし、リーグ優勝がかかっているような気構えで臨む。それがチームの試合に対するアプローチだから」

「もちろん、これまでよりは自由にプレー出来る状態なのかもしれないけれど、勝ちたいからね。相手を軽視するつもりはないよ」

アレックス・ファーガソン監督は、残り試合では出場機会の少ない選手を起用する可能性を示唆している。

「今シーズン最も重要だったのは、全員がそれぞれの役割を担ったということ。全員が優勝に貢献したんだ」と、好調を維持するMFは話す。

「監督は定期的にメンバーを変えるし、選手達は皆試合に出場したいと思っている。監督が誰を起用するにしても、僕らは自信を持ってプレーするだけ」

ページ 1 / 2 次へ »