登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/09/2012  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「スロースタートが敗因」

アレックス・ファーガソン監督は、ホームでのトッテナム戦敗北後、前半に喫した 2 点が致命的だったと語った。

開始直後にヤン・ヴェルトンゲンに先制ゴールを許すと、その後ギャレス・ベイルに追加点を許し、苦しい展開としてしまった。
後半からはリズムを取り戻し、およそ3分間に2点を返したが、その間クリント・デンプシーに3点目となるゴールを決められたことが敗因となったと言える。

「かなり厳しい試合だった」とESPNに語った監督は、敗因を次のように述べた。

「前半は自分達のプレーが全く出来ていなかった。ディフレクトしたボールがゴールになるなど、守備も散漫だった」

「それからは向かい風の中プレーしている状態で、後半からようやく展開を変えられた」

「後半のチームは本当に素晴らしかった。同点に追いついていても良かった流れだったが、運が無かった」

「もう少し良い結果になっていた可能性はあった。もし2-1のまま持ちこたえられていたら、勝っていたのはわれわれだっただろう」

ページ 1 / 2 次へ »