登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

20/09/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、初戦での勝ち点3を喜ぶ

2012-13 シーズンのチャンピオンズリーグ初戦勝利後、アレックス・ファーガソン監督は、チームのパフォーマンスに及第点を与えた。

前半ガラタサライのシュートが2度ゴール枠にヒットし難を逃れると、ユナイテッドは後半から守備を立て直し、マイケル・キャリックの先制ゴールを守りきった。

監督はSky Sportsのインタビューに対し、「ガラタサライには経験豊富な選手がいるし、われわれも前半は相手にボールを奪われる場面が多くみられ、カウンターアタックを許してしまった。集中力の欠如が原因だろう。普段のチームには見られない傾向だが、ボールの扱いが不味かった」とコメント。

「後半からは集中力を切らさずにプレーできたと思う。動きも良くなったし、勝てて良かった。後半の内容には満足している」

「相手はチャンスを生かせず、われわれは得点を挙げることが出来た。後半に4、5点取っていても不思議ではなかったが、相手も自信を持ってプレーしていたからね。欧州の戦いでは、今日のような厳しい試合が多い」

「(ポゼッションについて)問題として考えるようなことではない。ただ、ボールを保持している時は辛抱強く、チャンスがあれば得点を決めないといけない」

ページ 1 / 2 次へ »