登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

14/09/2012  Reported by J Tuck, N Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、怪我人の状況について説明

ファーガソン監督が記者経験を開き、今夏新加入したロビン・ファン・ペルシーとシンジは土曜日のウィガン戦に出場できることを明らかにすると同時に、フィル・ジョーンズが10週間程出場できない可能性を示唆した。

共に代表戦で負傷したファン・ペルシーとシンジは出場できないのではないかと噂されていたが、ファーガソン監督は会見で問題ないと明言。また、会見では、フィル・ジョーンズは練習中に痛めた膝の手術を受けたため長期離脱を強いられること、クリス・スモーリングが復帰まで遠くないこと、そして潰瘍性大腸炎から順調に快方へ向かっているダレン・フレッチャーがメンバー入りすることも明らかになった。ファーガソン監督は8月25日にフルアム戦で負傷したウェイン・ルーニーの状況については明言しなかったが、復帰までは4週間かかると見られている。

ファーガソン監督は現状について記者会見で以下のようにコメントした。

「怪我については、ジョーンズとスモーリング以外は問題ない。ジョーンズの件は残念だ。先週末の練習中に怪我をしてしまったため、8週間から10週間の離脱になるだろう。スモーリングが今月末には練習に復帰できるというのは、今のCBの状況を考えると良い知らせだ。しかし、既にジョニー・エヴァンスが復帰しているので、数週間前よりも状況は良い」

「ダレンは明日のメンバーに入る。彼にとっては励みになるだろう。成長するチャンスだと思う。現時点では、彼を取り巻く状況は全て上手くいっている」

ページ 1 / 2 次へ »